学校長挨拶

21世紀の国際社会で活躍する人材を

 創立126年の村崎学園に在って、本校は、「自立協同」の建学精神のもと、品位と知性に富み、 21世紀の国際社会で活躍する人材が輩出する学校でありたいと願っています。

 環境に優しい安全・安心な校舎、充実した施設設備と本格的な日本庭園、広々とした運動場など、本校の教育環境は理想的なものとなっています。

 楽しい種目からなる体育祭や趣向を凝らした文化祭、各学年の研修旅行等は、楽しい充実した学校生活に不可欠です。活躍している部活動を応援し、楽しい部活動も奨励しています。オーストラリア語学研修は、英語がコミュニケーション・ツールであることを実感する良い機会となっています。

 「先取り学習」によって生じる「ゆとり」のなかで、大学共通テストや二次試験対策、英語検定試験対策、タブレット400台の有効活用に努めています。高い志を胸に切磋琢磨する中で大志が芽生え、恵まれた教育環境は豊かな感性を育んでいます。東大22人、国公立大学医学科187人に代表される過去10年間の顕著な合格実績が、本校の優れた教育計画、教材、教職員の指導力を証明しています。本校で大きな夢を育みましょう。皆さんが「文理でよかった」と笑顔で卒業していくことが、私たち教職員全員の願いです。

学校長 竹内 薫
学校長 竹内 薫
Takeuchi kaoru